長く使うと分かる、材料の違い。 | kirica order store

2016/12/17 14:00


キラキラと光るシルバーのビーズは、トライアングルというカットがされています。
実際に三角ではなく、ランダムにカットが入っていて、光の加減でキラリと光ります。
キリカのアクセサリーに良く使われているこのビーズは、本当のシルバーではなく、
ガラスのビーズの上に、PFコートという厚いコート処理がされていて、色の剥がれにくい物です。
ここに安価なビーズを使うと、ひどいと一週間で色が落ちてしまったりして
せっかくの仕上がりが台無しになってしまいます。残念。
最初の見た目は変わらなくても、長く使ううちに分かる品質の差があります。
キリカでは、長くご愛用いただけるように、ちょっと高価でも、いい材料を使用して
丁寧な作品作りを心がけています。そして半年のメンテナンスがついています。

このブレスレットは、センターと紐の先ににラピス、白いチェコアンティークビーズを添えて
シルバーのビーズを編んでチューブにした中に、紐を通してブレスレットに仕立てています。
柔らかい仕上がりは、手首に優しく沿って、金具を使用していないので
セーターに引っ掛けたりする心配もなく、安心してお使いいただけます。
スライドで調整するブレスレットは、着脱も簡単です。

クリスマスにも、世界にひとつのアクセサリーを。
25日まで、(3ZM8JR7Y)のクーポンで30%オフしています。
みなさんに楽しいクリスマスが来ますように!

キリカハンドメイド
インスタでは日常のあれこれも(たまに)アップしています。